読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅井隆宏の日記。

徒然なるままに書いていきます。趣味、本業のことなどetc.

今日は


ピアノについて書きます。すみません。三日坊主とは、この事…更新がんばります。


グランドピアノ(演奏会とかで見るやつ)とアップライト(ご家庭にあると思われるたてがたのやつ)と二種類ありますが、我々はピアノはグランドピアノを使います。

何にでもメーカーがたくさんありますが、ピアノにももちろんメーカーがあります。
日本でいえばヤマハでしょう。ヤマハという会社は、楽器以外にもエンジンも作ってますね!トヨタ2000GTのエンジンもそうですね。(たしかエンジン形式でハイフンあとに、Gがつくのはヤマハだった気がする)

世界的に一番使われるピアノといえば、やはりスタインウェイでしょう。工場はハンプルクとニューヨークにあります。ニューヨークは、ちなみにカーネギーホールの横です。スタインウェイ社は、今のピアノの構造のほとんど特許を持っています。
日本にはだいたいが、ハンブルクスタインウェイが納入されていますね。まれに、ニューヨークも見ることがありますが、、スタインウェイは様々なピアニストが使用してきました。強靭な張りでオーケストラにも負けない音量をだすことができる。それから、録音の時にも音が入りやすいそうです。
しかしながら、最近のスタインウェイは個人的にはあまりすきではありません。音がよくない。これはスタインウェイに限ったことではないですが…今現在も市場で取引されている、戦前のスタインウェイ。これの方が音がいいのとスタインウェイらしさがある。
10年ほど前、ある大学の講堂にスタインウェイの新品が納入されました。楽器は新品時は鳴らないため、ピアノは弾きこみという(時代劇のひきこみではないですよ)作業をさせていただいたことがあります。
この頃のスタインウェイが一番弾きにくい。音はな鳴らない、音色は変わらない、鍵盤は重い、筋肉痛決定でしたね笑
最近は少しだけましに?なった?ようです。

話が前後しますが、戦前のスタインウェイはいいのですが、やはり年数経過していますから、メカニカルな部分の精度が落ちています。鍵盤の重さが揃わないといったことになります。スタインウェイらしさがあって、現在でも演奏会で使える楽器となると、1960年~1970年くらいの製造のものでしょう。

こんなことを考えながらピアノ弾いております。